お得ニュース

ふるさと納税で得する方法

投稿日:

自分の出身地でなくても、寄付することでその地域の返礼品を実質2,000円でもらえるというのが、ふるさと納税の魅力です。
ふるさと納税のメリットは、寄付のお礼に送られてくる豪華な特典の数々です。
普段買わないような、高級食材などバラエティ豊かに揃っており、それを目当てに制度を利用を利用している人が多いのです。
グルメな人にとって、自己負担2,000円でいろんな地域の特産物が楽しめるというのは嬉しい制度です。
地方自治体にとっては、税収のアップが見込め地域の活性化に繋がってます。

 

croisy / Pixabay

 

寄付する金額を決める

一定の限度額まで控除を受けることができ、実質2,000円の寄付額の上限は、年収や家族構成によって異なるため、まず控除額の計算が必要になります。ふるさと納税をした後に自身の年収が明確になるため控除額はあくまで目安となります。そのため控えめに寄付をすることがおすすめです。

寄付先の自治体を決める

ほとんどの自治体は、ふるさと納税の寄付に対する返礼品(特産物など)をy準備しています。お肉や魚介類、果物、お米、野菜などいろんな商品があるのがふるさと納税の魅力です。寄付額の3割~5割相当を送ってくれるところが多く、お得感満載です。

寄付を申し込む必要があります

ふるさと納税は、申込み方法が様々ありクレジットカード決済も利用可能です。インターネットの申し込みでない場合は、支払いをすることを忘れないようにする必要があります。また、確定申告が面倒であったりしたくないという方は「ワンストップ特例制度」を申込みましょう。

寄付金を支払う

ふるさと納税は、納税者名義で支払いが必要になります。税金を納めていない主婦などは控除の対象にはならないため注意が必要です。
払込方法は、指定の口座に振り込むのが一般的ですが手数料の負担が気になります。納付書を郵送してもらい指定された金融機関で支払うという方法もあります。

返礼品と寄付証明書が届きます

お金を払い込むと、寄付金の受領証明書が送付されてきます。自治体によって返礼品と同封や別々の場合がありますが、証明書は再発行できないため紛失しないように管理が必要です。

確定申告をし納税控除申請をする

ワンストップ特例制度を利用しない場合は、1月~12月に寄付した金額を翌年の2~3月に申請する必要があります。
確定申告は面倒、大変と思っている方も多いでしょうが国税庁のサイトを利用すれば自動で計算もしてくれるため便利です。

 

 

-お得ニュース

Copyright© お得に生活ニュース , 2020 AllRights Reserved.